スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






焼酎を味わうために1

さて、前回の「お説教」で
都合のいいオトク情報を求めて訪れた
自称焼酎好きの多くが淘汰されたことと思うw



それでもまだこのブログを読んでいるキミは
決意と覚悟を固めた、努力をいとわない、
あるべき焼酎愛好のかたちを探求する
同志候補だとみなしてもいいことと思う。



ことあるごとに何度でも言うことになると思うが、
おれは「犯罪者」を仲間・同志だとは考えていない。
むしろ彼らは、ただでさえ貴重なフィールドの貴重な資源を
ダメにする憎むべき敵、というか害虫だというのが
おれの見解だ。
このシリーズを読むキミにはぜひとも
一時的な衝動に屈して無策・無能なまま
自殺的な手に出ることのない、
心技体ともにそなえたあるべき焼酎愛好者を
目指していただきたい。



おれが腕によりをかけじっくりと仕込んだ焼酎が
場合によっては工や大や成としてキミのもとに
廻ってくることもあるように、
キミがこの先仕込むことになる焼酎が巡り巡って
おれのもとに廻ってくることもあるだろう。
バカげた犯罪的幻想物語が描くところとは違い、
腕のない「犯罪者」の手にたまたまかかった犠牲者が
健全で積極的なセックス・プレイヤーに成長することなどあり得ない。
あくまでやさしいオトナの恋人wとの
甘美で満ち足りた愛wの体験が
彼女たちをかわいく美しいままラヴ・ハンターに変えていくのであり、
そうした資源が満ちあふれた社会こそが
肉食主義者の目指す未来の日本の姿なのである。
キミがこのさき入手する焼酎はキミだけのものではなく、
キミの手を離れた後も何百回何千回何万回とセックスをこなしていく
持続的なセックス資源としての存在であらねばならない。
このシリーズを読んでいるキミは同時に
資源開発に携わる責務を帯びた
「犯罪者」とはほど遠い存在になる必要があるのだ。



またしても長い「お説教」になったがw
今回の講義にいってみよう。
「焼酎を味わうために」もっとも重要、
基本にして王道な、「視線攻撃」についてだ。



視線攻撃はその気になりさえすれば
今日からでもタダで始められる修練/撒き餌であり、
やればやるほど腕も上がり総ターゲットの母数が増え
結果的に始めのひとり・初めてのその日が近づく
一石二鳥三鳥の、基本メソッドにして
楽しいゲームにしてモチヴェイション維持ルーティンである。



幻想派の焼酎好きが陥りがちなワナとして、
カネ・モノ・人恋しさ/承認欲求につけこめば
SNS/出会い系サイト/メール等で焼酎が手に入るのでは?
という甘い期待と幻想があると思うが、
すでにその思惑の中に弱気なチート精神が、
騙し/ごまかし/なりゆき/勢いにまかせて
たまたまのラッキー・ヒットが手に入ればいいや的な
他力本願でコソドロ的な精神が存在してることに
気付いているだろうか?



そんなこすっからい陰湿でリスクのみ大きい世界に依存し
結果カモや犯罪者になる無駄骨・損を背負う替りに
ふらっと街に出てみるといい。
いきいきハツラツとして美味そうな脚や尻を誇示する
かわいらしい獲物たちがキャピキャピと泳いでいる。
そしてその目の前に現実に存在している獲物たちの内
半分から8、9割が「なんかスリリングでエキサイティングなことないかな」
と多かれ少なかれ心のどこかでなんらかのエロスを求め渉猟しているのだ。
もしキミがほんの初心者でも(もちろん人並み外れてブサキモなら仕方ないが)
1時間にでくわす50人~100人の中で1人や2人は
訳もなく目が合い微笑みさえ交わせる相手に遭遇するはずだ。
(実際には「訳もなく」なんてことはないのだがw)



そう、幻想派のキミたちの内何割かにみられるのは
チャイニーズ・フィンガートラップにも似た
バカげたジレンマであり、そのジレンマもまた幻想なのだ。
「天使か妖精のようにかわいく美しい焼酎が味わいたいけど
そんなコを入手するなんて夢のまた夢。メディアで我慢するか
カネで買える腐った肉をネットで探すかしとけばいいや」
と自分を、自意識を守る方向にばかり走り、
いまそこにある焼酎へ目を向け実釣に乗り出すことをしない。
かわいく無邪気で純粋な焼酎であろうと
健康な成長途上でエロスへの関心を抱かないことなどないというのに。




...OK。
またしても長くなるようだw
宿題として最低1回の目線攻撃修練クルージングを課しておこう。
暇な日/時間帯、1時間でも2時間でもいい。
エモノを付け狙う視線でも、痴漢の舐め回す視姦視線でもなく
やさしく愛でるように、微笑ましくてつい目を留めてしまうといったていで
警戒や恐怖を抱かせない目線/表情/笑顔を練習してみるといい。
このノン・ヴァーバルな識域下でのコミュニケーションは
見聞き読むだけではどうしても体感/会得できるものじゃない。
そのうえ、たった1度の視線合わせ/微笑み/はにかみは
キミにえも言われぬ満足とポジティヴィティとオカズを
同時にもたらしてくれるはずだ。



にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村

アダルトブログランキングへ


プールというのはおれにとって二重三重に便利なフィールドで、
その持つ便宜のひとつにターゲットの成熟具合を
目視で量りやすいという点がある。
健全で健康な成長途上にある焼酎スイマーの
いわば使用上wのアドヴァンテージは
その尻・ふともも・腹筋・鼠蹊部の筋肉の発達にある。

各種の孤独で地道な鍛錬・修練が
辛くて続けられそうもないと弱音が出そうになった時、
プールで実際にみかけるそうした焼酎の美しさやシズル感は
キミにただならぬ闘志・決意をもたらしてくれるだろう。

「まだそういう域に達していない」というキミには
モチヴェイション維持/喚起のためにコレをオススメしておこう。
この腹筋、そして殊に立体的にぷりっと盛り上がった締まった尻、
焼酎の美味しさというのは結局、
メスの生殖能力が最初のピークに達した故の使用可能性と
それを早く使ってみたい、そのことで「愛される」快感を
味わってみたい、という荒ぶりにある。
この大谷彩夏はオタク系であるらしいが
スポーツで鍛えたような肉体と心得切ったコケットリーは
すでにセックス・エリートとしての経験を積んでいることを想像させる。

キミには縁遠い所で使われまくる禁じられた肉を目にしてキミの中で滾り立つ、
やり場のない怒りにも似たその欲望はエナジーという贈り物でもある。
カラダとチンポを思いっきり痛めつけるくらいに厳しく鍛え叩き直すのだ。







続きを読む

最新記事
カテゴリ
全記事リストへ

全ての記事を表示する

より素人だとより勃起w
PR
プロフィール

wmnetr

Author:wmnetr
肉食って生きる男
より多くの、より美味い肉を求めて探求と鍛錬の日々

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
勝手リンク歓迎
もちろんこちらから検出し次第お返しする
PR


QRコード
QR
同志の数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。